【2019年最新版】香港空港から深センへバスと電車での行き方!

香港空港からふらっと深セン市へ!
香港もなかなかに栄えている都市ですが、
深センも負けないほどのビジネス特区。

高層ビルが立ち並び、
活気で満ち溢れています。

世界的な学会が深センで開かれることも
しばしば。

あなた
何か用事があるときや、
深センに行かなければいけないという時
何の交通機関で移動したらいいの?

しかも入国審査ってどんな感じ?
空港からどのくらいで深センに着けるの?
中国語話せないけど大丈夫?

様々な不安要素があるかと思います。

ですが、ここだけ押さえておけば
間違うことなく深センまで着けるので
最後まで飛ばし読みせずついてきてください!

今回は、所要時間2時間
空港からA43バス→上水駅→電車で落馬洲
→福田口岸を通る行き方を紹介します。

注意
乗り換えがあるので
迷った時ページを開けるように
Wi-Fiは必ず持っていてくださいね!
イモトのWi-Fiが業界で一番安かったです。
↓   ↓   ↓




香港空港からA43バスに乗る。必ずオクトパスカードを買うこと

香港で大活躍するカード、
オクトパスカード。

日本でいうICOCAカードのような感じです。
コンビニ、薬局、バス、電車、食事
ありとあらゆるものがこのカードで
決済可能。

電車に限ってはオクトパスカードを使うと
割引もあるので必ず手に入れましょう。

香港で買うより、
メルカリなどのサービスを利用して
あらかじめ日本で手に入れた方が
向こうであたふたせずに済みます。

こんなにたくさん出品されていますね!

どうしても手に入らなければ
香港空港にオクトパスカード売り場があるので
購入します。(現金のみの購入なので注意!)

補足
150香港ドル(日本円で2000円ちょっと)
で最低入金額100香港ドルとデポジット50香港ドル
で150香港ドルのセットとなっています。

購入後3か月以上が経過していれば、
カウンターでデポジット分の50香港ドルを
無償で返金してもらうことができます。

まずはカードをゲットすることから
始めましょう。

A43バスに乗ったら香港の上水駅まで行く

空港でオクトパスカードをゲットできたら
次はバスで上水駅に向かいます。

往内地交通という標識に従って
歩いていきましょう。

すると、バス乗り場の案内が
出てきます。
バスは中国語で円士ですから、
そのまま円士に向かって歩きます。

まっすぐ進むとバス停がたくさん見えてきます。
ここの看板の左側に進むとA43バスが
見えてきます。

バスの運行時間はあいまいで、
1時間に2本以上は来る計算ですが、
時間通りに来なかったり、

あるいは早く来すぎたりとアバウト。
気長に待ちます。

A43バスは最近新しくなり、
設備と清潔さは最高の2階建てバスです。
ここで早速オクトパスカード使います。

バス運転手の横に
カード置き場にピっとかざしましょう。
自動的に料金が引かれます。

この写真は値段が違いますが、
香港空港から上水駅までは
30.9ドルです

香港空港からバスに乗り込んだら50分間ゆっくりしよう

50分間の時間は快適すぎて
あっという間に過ぎます。

1階にはスーツケース置き場があるので
自由に使ってOKです。

あなた
1階にスーツケースを置いて2階に行くのは
防犯上不安
と思いますが、

防犯カメラがバス内のモニターに
スーツケース置き場を映し出すので
自分の荷物を確認できます。

また現在どの位置を走っているのか
モニターに出てくるので、降りる駅を
間違えることもありません。

そして驚くべきなのが
高速Wifiが無料で使用できます!

CSSというWiFiは30分間×2回使用でき、
面倒なメールアドレス入力も不要。
同意ボタンのみですぐに使用可。

充電器も完備されているので
バッテリーを忘れたという方も
ここでフル充電していきましょう。

上水駅で電車に乗り落馬洲イミグレーションまで行く

空港から3つ目の上水駅で降りたら、
すぐ左に電車の上水駅改札への階段が
見えますので登ってください。

そしてここでもオクトパスカード大活躍!
改札でピッとするだけで入れます。

ここでは20.3ドルですが、カードがなければ
23.4ドルと割高になるのでカードでスルー。

改札を通ったら右に進み1番ホームへ
降りていきます。

すると露湖行き、落馬洲行きと書かれた
電車が順次やってくるので
通る予定のイミグレーションへの電車に
乗り込んでください。

今回は落馬洲イミグレの方が空いているので
落馬洲行きの電車に乗り込みます。

イミグレまでは1駅しかないので迷いません。
所要時間15分というところです。

下車したら、福田口岸という標識に沿って
進んでいきます。

ここまで来たら
あと少し!

香港から深センの入国審査は簡単

階段を降りるとお土産屋さんが並んでいます。
その奥に角を右に曲がると長い廊下を経て
イミグレーションに到着します。

審査は中国国民と外国人に分かれて
行われ、外国人レーンはずっと左にあります。
Visitorsという赤い看板の通りに進みます。

たいていの方はe-channnelをもっていないので
e-shannnelsなしのVisitorsのレーンに
並んでください。

パスポートと、香港空港の入国時に書いた紙を
カウンターで渡しましょう。
日本人なら、短時間でスルーできます。

審査を越えれば、最後にゲートを通りますが、

あなた
中国国民が皆カードをピッと通しているのに
自分は持っていない!

といって焦らないでください。

パスポートの顔写真のページを読み取ると
ゲートを通ることができます。

このゲートをぬければもう深セン。
お疲れ様でした。

チェック
トリップアドバイザーで
深センの見どころを探してみる!
>>TripAdvisor

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!