安くてうまい!淡水のうまい炒飯のレストラン

台湾に来てチャレンジしたい
ローカルフードですが、
衛生面と使用している材料により
お腹を壊すことが多いです。

しかし、なぜか高級中華より、
ローカルフードのほうが
不思議と美味しいのです。悔しい。

今回は台湾の港町淡水の
お腹を壊さないけど地元感満載の
うまい炒飯の店を紹介します。

嘉筵小吃店

中正路に面しているこの定食屋は
ぱっと見外国人には入りにくそうな
中が薄暗いお店。

炒飯80元~とかなりお安いですが
衛生的にどうなんでしょうと
入るか入らないかで迷いがちです。

が、ここは入って正解です!!

店内に入ると親切そうなおじさん1人と
従業員のお姉さんが2人。

プラスチック製の椅子に
木製のテーブルに4人座りできます。

部屋の隅には一人席も
多数あるのでおひとりさまでも
気兼ねなく入れる様子。

ここの定食屋の良いところは
なんといってもメニューの豊富さ。

中国語表記の下に英語でも書いているので
なんとなくメニューの想像がつきます。

私は豚が食べれないので、
翻訳アプリを使って親切そうなおじさんに
伝えてみたところ、

急いで厨房のスタッフに伝えてくれ、
5分も待たずに炒飯が出てきました。

豚抜きシーフード炒飯。
ムスリムの人でも食べられるので
安心ですね。

炒飯は超本格派で
ごはんがパラパラというのは
このことを言うのか!!
と感動するレベルで美味しいです。

炒飯の中に入っているキャベツは酢漬けを
使用しているのか酸っぱいですが
酸味と炒飯の香ばしさがマッチして
なんともいえない食べやすさに仕上がっています。

エビも淡水でとれたてなのか
新鮮で匂いもきつくなく
食がすすみます。

店頭販売も行われているので
テイクアウトして食べ歩きする
というのもおすすめ。

ちなみに魚丸湯というのは
魚のつみれのような
丸い魚ボールに
スープをあわせていただく料理。
名前のままですね。

アクセス

MRT淡水駅を下車し、
中正路を歩いて徒歩5分。

カラフルな看板が目印なので
間違えることもないです。

地元レストランの良いところは
食べれない食材があれば
カスタムしてくれるところ。

相談すれば意外とすんなり
自分好みの料理にできるので
翻訳アプリを忘れずダウンロード
していきましょう!!

地元民が愛するレストランは
愛されるだけのおいしさがある。

なかなか異国の地で
自分のお腹にあったお店を探すのは
苦労しますが、
お腹の弱い私でも問題なかったので
淡水を訪れた時はぜひとも立ち寄ってみてくださいね!!

忘れられない炒飯の味になること
間違いなしです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!