300円で満腹!MRT北門駅での乗り換えでさっと食べれる台湾料理!

台湾桃園国際空港からMRT空港線で台北駅へ行き、
そこから別のMRT線に乗り換える際、
地下通路でつながっている北門駅を利用して
乗り換えを行う観光客が増えています。

空港線では所要時間30分、
そこから乗り換えを行うことを考えると
乗り換え前に腹ごしらえをしておかないと
移動中の体力が持ちません。

そこで、北門駅でレストランを探すことになりますが、
北門駅の改札前の商店街には
レストランがありすぎて、
どこに入っていいかわからない状態。

今回は北門駅で当たりはずれのない
しかも300円あれば食べられるレストランを
紹介します。

鼎記

北門駅の改札前にある商店街を
歩いてすぐにある、赤い店内が目印のお店。

ここの何がすごいかというと、
他のレストランとは比べ物にならない
圧倒的なメニューの多さ。

麺だけでも何種類あるんだという豊富さで、
麺の固さや形態もチョイスできるので
自分だけの麺をカスタムできます。

店内のジュース飲み放題

店内にあるレモンティーと瓜ティーが
好きに飲んでいいという太っ腹。

レモンティーはかなり甘め。
とても冷たいのでスパイシーな料理を
頼んだ後には中和されて良さそうです。

瓜ティーはなんともいえない複雑な味。
日本にはないテイストなので、
興味のある人はチャレンジしてみてください。

何の肉かわからない場合は魚を頼もう

台湾に来ると難しい漢字表記があり
何の肉なのか良くわからないときがあります。

豚肉は猪肉と書かれていたり。

そんな時は魚です。

魚と飯と書かれたメニューは
たいていフライ魚にご飯か
魚入り炒飯ですので得体のしれないご飯が
出てくることはありません。

食べ物に困ったら魚!
と覚えておいてください。

スタッフが英語が通じる

若いスタッフが多く、
日本語は微妙ですが英語が通じます。

どんな食べ物か聞きやすいので
助かります。

漬物食べ放題

ドリンクだけでなく
漬物も食べ放題なので、
ご飯のおともに困ったときは
店内の高菜をつまみましょう。

油が入っているので香ばしい高菜です。

ボリューム満点

旅行中に気にするコスパですが
このお店ほどコスパ最高なことはありません。

ご飯の量、おかずの量ともにボリューミーで
サイドメニューも食べ放題とくれば
よほどお腹が空いている旅行者でも
満たされること間違いなしです。

まとめ

空港線からMRTの他のラインに乗り換える際、
北門駅でストップして腹ごしらえしていくべき!

地元の方も数多く利用する北門駅地下商店街は
安くて美味しいレストランが大量にあります。

電車の中でお腹減ったな・・・と
ならないよう、ぜひこのレストランを
利用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!