1人$10キャッシュバックでお得!NYCレストランウィークを使い食べ歩こう

NYからこんにちは!まゆみです。

7月18日からレストランウィークが始まりましたね!

レストランウィークとは?
NYの年間催しの一つで、
レストランウィーク期間
(今年は7月18日から8月21日までの間)、

参加するレストランが
特別価格のメニューを提供するイベント。

マスターカード会社と提携しており、
サイト(>>NYCレストランウィークのマスターカード登録ページ)から

自身のマスターカードを登録して
お店で$45以上使うと、

次回のstatementが出来上がる際に
$10キャッシュバックされる仕組み。

$30、$45、$60のメニューに分かれていてチップは別。

どのレストランも参加しているわけでなく
こちらウェブサイトから検索できます。
>>NYCレストランウィーク公式ホームページ

普段はハードルが高い高級レストランで
お得な特別メニューを食べられる
嬉しい企画なのです!!

好きな服を着て、
普段行ったことがないレストランを
散策するのは最高に楽しい!!

今回はレストランウィーク中に回った
レストラン達の個人的なレビューを
紹介していきたいと思います。




1927年創業!煌びやかな店内でアフタヌーンティーを!The Russian Tea Room

歴史の長いこのお店は、
当時はロシア人駐在員が集う場として建てられました。

現在ではその煌びやかな店内を活かし
アフタヌーンティーやディナーを提供しています。

今年のレストランウィークのメニューはこちら。

せっかくロシア系のお店に来たのだから、ロシア料理を味わおではないか!
と思った私は、ボルシチ、ビーフストロガノフ、チョコレートムースを注文。

物凄く濃厚なボルシチがやってきました。
見た目のとおり味もしっかりしていて濃厚です。

現在はロシア系コミュニティで
暮らしているため、
近所のスーパーのお素材コーナーで
よくボルシチを買いますが、

こちらのレストランのボルシチは
ポテトもビーツもごろごろしたまま
楽しめるので良かったです。

続いてビーフストロガノフ。

ナイフで切ろうとした瞬間、
崩れていきそうなほど柔らかく
良く煮込まれています。

周りはドレスを着こんでアフタヌーンティーを楽しむ女子が多かったですが、私は構わず肉をいただく!

デザートのチョコレートムース。

ロシア旅行中に立ち寄った
パン屋さんで食べたケーキの味と
とてもよく似ていて
なんだか懐かしい気分になりました。

ちなみに女子トイレは地下にあるのですが、
地下トイレにたどり着くまでの道は
まるで展示会!(全て売り物)。

アクセス
セントラルパークのすぐ南。


ロシアに行ったよ!とここでお土産を買ってもばれない!爆

カジュアルなフレンチを楽しむなら42丁目のChez Josephine

42丁目ポートオーソリティから歩いてすぐのカジュアルなフレンチレストラン。

以前引っ越し先を探していた際、
このレストランの上のアパートが
1BRで$1750と格安で、

もしここに住むなら
このレストランも下見しておこうと
思ったのがきっかけ。

外のテラスの雰囲気が良いですが
NYの日中の暑さにやられ中へ逃避。

レストランウィーク中の
ランチメニューはこちら。$30。

今回頼んだのは冷製スープ、ステーキ、クリームキャラメル。

冷製スープはさらっとしていて
この暑い夏に最高だ!と
思っていた矢先、

店員さんがジンジャーエールを
ついでくれたのは良いが
見事にテーブルの上にどぼどぼとこぼれる笑

こんな事には慣れているので大して気になりません。

メインのステーキのソースは
焦がし玉ねぎのような味で
ミディアムで焼いてもらったステーキも美味しい。

デザートのプディングは
ミントの羽が乗っかった可愛らしい見た目。

補足
胃袋の小さい女性には満足かもしれないが、そのへんのデカいアメリカ人より食べる私にとって、全く腹いっぱいにならない!笑

外れがない!しめはつるとんたんでうどんと寿司のセットを!

NYにも実はつるとんたんがあるんです!(しかも2016年から)

大阪でカレーうどんを食べてから
つるとんたんのうどんの美味しさに
魅せられていましたが、

NYでまたその感動を味わえるなんて
夢のようです!

レストランウィーク中のメニューはこちら。

うどん単体を頼むのと
寿司つきうどんを頼むのでは
数ドルしか変わらない。

それならうどん+寿司セットでしょう!
という事でセットを注文。

NYのなんちゃって寿司は、やたらとシャリが大きかったり、あるいは固すぎたり、マヨネーズだらけだったりするのですが、しっかり日本クオリティで安心しました。通います。

 

あなたは何にNYらしさを感じるか?私は食の多様性にあると思う

「NYらしいね。」と
良く言いたくなるのは、
食の選択の豊富さにあると感じます。

その国に行ったことはないけれど
その国からの移民たちが祖国を思い
レストランを立ち上げ、
移民2世、3世がついでいく。

もちろん少しはアメリカナイズ
されているかもしれないけれど、

彼らの国を食を通じて
感じられる環境が身近にあるというのは
非常にありがたい事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!