アメリカで訪問介護士!初訪問で毎回専属オファーをもらう秘訣

アメリカミズーリ州から
こんにちは!まゆみです。

アメリカで訪問介護士として
働き始めてはや1か月。

嬉しいことに、初訪問の
お宅から専属オファーを
受けることが増え、

アメリカ人の
介護士を追い抜き、
ベストケア大賞に選ばれました。

専属になりベストケア大賞に
選ばれれば、

会社からギフトカードが
もらえてモチベアップになったり

会社、家族からも大事にされ、
働きやすくなったりします。

今回は、初訪問の家から
どうオファーを獲得するのか
詳しく説明していきます。




アメリカで介護士をするのに一番大切な事、話し合い

アメリカは主張が強い
と聞いたことはありますか?

主張が強い、ねえ。

強いですが、
それが全てではありません。

主張はするけど、
常に、話し合いにおいて
双方にとってフェアかどうか
という事を非常に気にします

在宅に導入する介護用品、
看護師から受けるケア、
お風呂の頻度、体の洗い方まで、

とことん家族会議で
話し合いを重ね決めていきます。

言いたいことは
思いっきり言っていい。

しかし、最後は公平さを
重視して決めるので、
発言の仕方として、

ポイント
Aさんの意見は尊重する。
今そういうことを考えているんだね。

私としては、
こういう考えなんだけど、
どう思う?フェア?

あなたが快適なら私もハッピーだよ。
教えてくれてありがとね。

といった形で日々の小さなケアも
話しあいをもとに進めています。

介護士によっては、
患者さんの意見を無視して
介護士主体で動いてしまって
満足感を損ねる人もいます。

双方がフェアで満足した内容に
なるよう意識することが大切
かなと思います。

アメリカで介護士として専属になるのに資格は関係ない

介護士にも資格なし介護士と、
認定介護士(CNAと呼ばれています)
が存在します。

安全に正確にケアを行うことは
とても大切なんですが、

いくら資格を持っていても、

あるある介護士
・時間通りに出勤しない
・定時前に帰ってしまう
・一方的にケアする
・ケアプランに従わない
・ごみを捨てるよう書いてあるのに捨てない
・洗い物せずに放置
・洗濯してあげない
・尿器の中の尿捨てない
・トイレの水流さない
・ダイニングテーブルの上に尿器がのってる

といった風に
仕事をしない認定介護士も多々います。

資格を持つことで給料は
少し上がりますが、

仕事内容は資格なし介護士と同じなので
手を抜く人は本当に手抜きで
仕事丸投げ状態で帰っていきます。

日本の当たり前基準を当たり前に提供する

日本の当たり前基準って素晴らしいですよ。

時々日本のきめ細やかさが恋しいです。

きれいに掃除されてるし、
清潔と不潔の概念がしっかりしてますね。

患者さんに優しいし、
定時超えてても、
同僚のことを手伝ってから
帰ろうという優しい人もいますね。

私たちが普段業務の中で
行っていることは、
アメリカの介護業界では
想像つかないんです。

日本の医療ってアメリカから
来てるのに、不思議ですね。

なので、最初自信がない時は
日本スタンダートでやってください。

それだけで、アメリカのケアの
120%分提供したことになります。

他の同僚がやらないことをやる

最初のうちは、ケアプランにある
内容を確実にこなすだけでもいいです。
他の介護士、まず完璧にやらずに帰りますから。

最初はあまり力まず、日本でしてきた
当たり前を披露するだけでいいです。

慣れてきて余裕が出てきたら、
ケアプランの内容を確実にやりつつ、

患者さんのために、
あれもやってあげようかなと
考えてみたらいいかと思います。

アメリカ、ユニークさと
サプライズ性が求められますからね。

私がよくやってること
・カニューレつけてる人の褥瘡予防に
小さいクッションを手作り作成

・パジャマや私服は、
数枚クローゼットから出して
今日はどの色の気分?と尋ねる

・歌が好きな人とは
一緒に合唱。

・クラシックが好きだけど
弱っていてコンサートに
いけない人にはフルート持ち込み演奏。
(サプライズ演奏予定)

・患者さんの食の好み、
塩加減、好きな油の把握

・患者さんが起きてる間に
リネン洗濯しふかふかにしておく

・夜寝れない時は
とことん付き合う。

・今日こんな事あったよ!と
家族にも自分のシフトで
電話したりテキストしたりしている。
家族巻き込み制。

介護士の同僚、特にお局を大事にしよう

これはアメリカも日本も
同じかもしれませんが、
仲間を大切にすることです。

いくら仕事を丸投げされ、
定時前に帰られ、
肌の色で差別されても、
誠心誠意で臨んでください。

仲間はそれを見ています。
実際それを見ていたお局様が、

お局
まゆみはもっと評価されるべき。
今日会社に私から電話しておくわ。
次からこの家にもっと沢山シフト入れてほしいの。

仕事せずあなたに仕事を
任せきっていた介護士を
ここから外すよう依頼しておく。

まゆみは何も心配しなくていいわ!
ありがとう。

と電話をしてくれ、
同僚からの評価で専属になることもあるのです。

文化の違いもハンディキャップもまるっと包み込むケアを

言葉も文化も違う。
辛いこと、たくさんあります。

でも、どんなにしいたげられても、
あなたのベストを尽くしてください。
見てくれる人が必ずいます。

そして介護士として評価を上げておけば
その先看護師の資格を取った時に
そのまま抵抗なく採用されたり
働き先を紹介してもらえそうです。

Keep doing your best!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!