モルディブマーフシ島のビーチでの食事が大人気な3つの理由

1島1リゾートのイメージが強いモルディブ。

もちろん高級リゾートも
素晴らしいのですが、
それ以上に感動した島があります。

それが、マーフシ島
一見なんの変哲もない
のんびりした島ですが、

いまやその島が
ビーチで食事をするために
ハネムーナーや女子旅で大人気!

もしあなたがモルディブに行くなら
ここの島は必ず寄ってください!
決して忘れない良い思い出になります。

一体マーフシ島に何があるのか。
なぜこの小さな島に、
世界中から人が集まるのか。
その秘密を紹介します。




モルディブマーフシ島への移動は首都マレから船で30分

モルディブ共和国は
北マーレと南マーレに分かれていますが、

 

マーフシ島は南マーレに位置し、
首都マレからスピードボートで
約30分で到着します。

島を1周まわるのに、
20分もかからない小さな島。

島の4分の1ほどが刑務所、
その他は少数のホテルと地元住民の
家が立ち並ぶこじんまりした雰囲気の島です。

マーフシ島ホテルのスタッフ達は絡みが超絶濃い!

旅行先で意識したいのは
現地の人たちが親切かどうか。

モルディブの首都マレでは
みなさんビジネスマン!といった印象
でしたが、マーフシ島では

ゆったりまったりモードで
うっとうしいくらいフレンドリー
という印象で濃いです。

実際ここで働いている人たちは
モルディブ人もいれば
バングラデシュから
働きに来ている人たちも多く、

多様な人種で構成されていますが、
この島にいる人たちは
総じてフレンドリー。

「どこから来たの?」
で始まり気づけば15分もしゃべっている
のが頻回に繰り返されます。

一度知り合いになったら
さらにトークは広がり、
たった数日間なのに家族のような
雰囲気になっていきます。

人のプライベートにおかまいなしで
すっと入ってくるのが
好きか嫌いかはあなた次第ですが。

ここに慣れると
市内やリゾートに行くと
「なんだか皆話しかけてくれなくて寂しいな。」
といった気持ちになります。

マーフシ島には自然以外何もない、でもそれがいい

この島の見どころは?
と聞かれると、何もありません。
小さな売店とレストランと、

イスラム教徒のモスクが数か所と
綺麗な海と空があるのみ。

でも、それがかえっていいんです。

まるで、時間が止まったかのような
ゆったりとした時間が流れます。

海につかってサンセットを見るのもよし、
休憩にココナッツジュースを飲むのもよし、

何も考えずに散歩するのもよし、
砂浜に寝そべって流れ星をみるのもよし。

この島の良さは、時間を贅沢に使えるのが何よりも魅力。

マーフシ島に来たならビーチで食事を楽しもう

靴も履かずに歩いても痛くない
白くてサラサラの砂。

その上にテーブルをセットして、
綺麗な星空の下でディナーができます。

海辺のホテルはたいていビーチで
ご飯を食べさせてくれるので嬉しいところ。

はだしでディナーなんて、
家でないかぎり普段はなかなかできません。

もちろん、スタッフも
この島ではまったりだから、
食事が出てくるまで時間がかかるのですが

そんなことでイライラするなんて
ばかばかしくなるほど

ただただ夜風が気持ちよくて
夜空が綺麗なんです。

満点の夜空の下、
ビーチで裸足でディナー、
こんなところでプロポーズされたら
きっと喜ばれるに違いない!

私が行った夜も、
2組のカップルがビーチにバラを並べ
プロポーズに使用していましたよ♪

ビーチに花びらを巻き、
砂に絵を描いて
食事に誘ってみてはどうですか。

今すぐチェック!
マーフシ島の無料ハネムーン特典
を受けられるホテルを探してみる!
>>テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ

マーフシ島で身も心も癒されて

海も空も人の心も
全部が美しいモルディブマーフシ島。

新しい発見と自然に
満たされること間違いなし!

そして今から彼女に
プロポーズするぞ!
という人にもおすすめの島です。

マーフシ島で自然を満喫したら、
首都マレでショッピングもいいかもしれませんね。

首都マレについては、
以下の記事も参考にどうぞ♪

モルディブマレの治安は日本と比べてどうなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!