上海のお土産を買うなら田子坊でショッピングを!

上海にある刺激的なグルメエリア田子坊。
路地に入ればそこはまさに迷路のよう。

隅から隅までお店が集中しているため、
観光客には人気のスポットです。

とりあえず歩いていて全然飽きない!

また、お土産を買う時、
友人からアッと驚かれるような体験が
したいなら、

ぜひとも最後まで飛ばさず読んでください!
今回は、買いたいけど気持ち悪くて
買えないような、不気味な商品も紹介します!




上海のお土産に蛙はいかが?

日本では蛙を食べる習慣はありませんが、
中国では蛙は良質なたんぱく源。

 

蛙を食べたことがある人は、
ささみのようでヘルシーと言います。

 

が、見た目がグロテスクなため
市場で買う勇気が出てきません。

 

生きた蛙をさばく腕のある
料理人に託すのがベストですね。

上海のおすすめ土産、輸血にみせかけたジュース

看護師の方なら喜んで買いそうな
輸血ジュース。

 

まるで本物の血液のような色をしているので
血が苦手な人は目をそらしてしまいますね。

 

看護師の方なら
「あ!クランプまでついてるじゃん!」
と空の袋で遊べますので、
職場のお土産にしたら喜ばれること間違いなしです。

上海のどうやって食べるかわからないシリーズ、豚の顔

日本で豚の顔を食べることはほとんどないため、
スーパーで見かけることもありませんね。

始めてみる豚の顔のサイズと存在感に
二度見してしまうことでしょう。
ふつうに怖いです。

中国のフルーツはでかい!巨大ドリアン

中国にきてドリアン?
と思うかもしれませんが、

中国には季節関係なくあらゆるフルーツが
巨大なサイズで販売されています。

ドリアンのサイズは著しく大きく、
顔が大きい私でさえ、横に並ぶと小顔に見えます。

写真撮影するなら、ドリアンと一緒にいかがですか!

 

ただ、成長ホルモンを使用して
無理やり大きくさせたフルーツ類は
味が薄く、

 

満足感は得られないので
量より質派の方は無理に買わない方がお金の無駄にならないです。

中国あるある?番外編 飛び出す布団

これは食べ物ではありませんが、
田子坊の路地で空を見上げると、
視界が洗濯物で埋め尽くされます。

路地の建物の2階から上は住宅のため
服や布団が物干し竿にかかっている状態。

ただ、見てわかる通りこの物干し竿、
風が強いと洗濯ものが落下します。

歩いていたら布団が頭に!
ということもありますので、
風が強い日はくれぐれもご注意を!

まとめ

いかがでしたか。
刺激が強すぎる路地街田子坊、

 

楽しい街ですが、何度行っても
慣れず気持ち悪さを誘発します。

下手したらその日のご飯が十分に
入らなくなるかもしれませんので、
覚悟して田子坊へ向かってくださいね!

しかしながら田子坊で買える土産物は
美しくなおかつ安いので、
宝物探しの気分で探索してみてください!

上海から離れた四川省での
珍しい食べ物も良ければ一緒に
読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!