NYでNP(ナースプラクティショナー)になるまでの完全ロードマップ Step2書類審査編

NYからこんにちは!まゆみです。

前回はナースプラクティショナーになるための大まかな概要を紹介しました。

今回はその続きとして、
書類審査の方法を紹介したいと思います。




NYの書類審査機関の会社WESを使う

アメリカの大学を出て既に学士があるなら、
審査をする必要がありませんが、

日本の大学を出ている場合、
CGFNSと同様に、
学歴審査を受けなければいけません。

補足
CGFNSのように数か月もかからず
1週間で審査は終わるので安心を。
それでは書類審査の方法を見ていきましょう!

学歴審査機関NACESの中から審査会社を選ぶ

世界的に認められている審査機関は
NACESで確認してもらったらよいです。

NACESの中には
約30ほどの会社があり、

自分が行きたい大学が
どの審査機関からの審査結果を
受け付けるのかというのを確認しなければいけません。

今回願書提出予定の
NYU、第2候補のSUNYでは
NACESの中のWESからの審査しか
受け付けてもらえないので、
WES(World Education Sdrvice)一択となりました。

WESはNYCの審査会社。たった7日で審査が終わる

WESはNY市の会社です。
NYの大学がNYの会社を選ぶ理由は
同じNYだからなんでしょうか・・・

それでは申請方法を見ていきましょう!

WESウェブサイトにアクセス

まずはWEsのウェブサイトにアクセスしましょう。
>>WESの公式ウェブサイトへ

画面右上のget an evaluationをクリック。

今回はアメリカの大学院に申し込むので
アメリカをクリック。

Eメールを登録します。

登録メールアドレスに
リンクつきのメッセージが
送られてくるので、
リンクをクリック。

無事メールが承認されました。

ここからは基礎情報入力していきます。

次はレポートの目的入力。迷いなくEducationを選択

修士取得に使用するのでGraduate Admissionsを選択

Add Credentialをクリックして審査したい大学の情報を入力していきます。

Type of EducationはHigher Educationを選択。
大学在学中の名前、在籍期間を入力していきます。

おすすめのプランWESICAPを選択。
承認された書類の保存がきくので便利ですね。

プランを選ぶと、どんな手順で書類を送ればいいかの選択肢を提示されます。

わかりやすくすると
・大学から直接審査機関に送ってもらうパターン

・大学から自分に送ってもらい、自分が審査機関に発送するパターン

特にどちらでもいいんじゃない?って感じですが・・・

支払いしたら完了!

注意
・WESホームページにも書いてあるように、書類は必ず封をされた封筒に入っていること!

・封をした箇所には必ず大学のハンコあるいは代表のサインを記入すること。

・封筒の裏には、
Reference番号を記入すること。
(WESアカウント作成完了すると確認できるようになります。)

送り先
World Education Services Documentation Center
P.O. Box 5087
Bowling Green Station, NY, NY 10274-5087
Tel 800-361-3106
お疲れ様でした!次回はPersonal Satement編!お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!