チョコレート嚢胞が消える!1か月のイスラム式断食療法のすすめ

こんにちは、まゆみです。
今日は、嬉しすぎることがあったので書かせてください。

簡単に言うと、
3年間戦ってきたチョコレート嚢胞が突然消えました。

私が試して効果があった療法を
皆さんにお伝えしたいと思います。

注意
科学的な根拠はなく
私個人の実体験の紹介になるため
自己責任で実践してくださいね。

きっと私と同じように
悪戦苦闘している女性が数多くいると思って
参考になればと思い書きます。




ひどすぎる生理痛の原因はチョコレート嚢胞

私はずっと重い生理痛に悩んでいました。
どのくらいひどいかというと、
学校の授業に出れないくらいです。

 

高校では保健室で横になり、
痛くて立てないこともありました。
大学の授業は友人にレジュメを頼んでしのぐ日々。

 

年々ひどくなる痛みに、
婦人科で検査を受けると
卵巣嚢腫と診断されました。

 

その中でも卵巣チョコレート嚢胞
卵巣で生理が起こり、
出口のない経血が卵巣に溜まっていく病気です。


出典:婦人科 社会福祉法人恩賜物財団済生会支部鳥取県済生会境港総合病院

そのときは3.5cmで、
大きくなってきたら手術適応だと言われていました。

これ以上大きくならないようにと
低用量ピルを使って
排卵をストップして様子を見ていくことに。

チョコレート嚢胞治療のためピルの副作用に悩む日々

低用量ピルというと
どちらかと言えば避妊のイメージが強いでしょうか。

実は生理痛がひどい女性に、
よく処方されます。

排卵がストップし
生理痛や出血量も少なくなります。
そして月経困難症であれば保険もききます。

しかし、ピルは副作用もあります。
一番怖いものはやはり血栓症リスク

ピルを飲むことで普通に生活するより
血栓ができるリスクが上がります。
私はそれが怖くて弾性ストッキングを愛用していました。

そして日常的に続くのが
吐き気と頭痛。

3か月したら慣れてくると言われたものの、
休薬期間が済んでまた再開するときには
いつも頭が痛くて仕方なかったです。

美味しいものを目の前にしても
急に吐き気がしてきたり。

美味しいものを食べるのが
大好きだったので
徐々に食欲も落ちました・・・

ラマダーンの1か月断食の始まり。なんだか子宮がチクチクする

気が付けばラマダーンの時期になり、
私はイスラム教徒なので
断食をせねばなりません。

補足
ラマダーンってなんですか?
という人はこちらに書いています。
>>イスラム教の断食ラマダーンとは?

脱水になって
血栓ができるのが怖かったですが
1か月間できる範囲で断食を続けました。

イスラム式断食のやり方

断食の内容としては
日の出から日の入りまでの16時間、
何も食べない飲まないというものです。

めっちゃしんどいです!
苦行でしかない・・・

日の入りからは大いに食べ、
インスタントラーメンから
健康志向の食品まで選り好みせずいろいろ食べました。

ポイント
食べ始めにドカ食いすると
お腹がびっくりして下痢するので
お粥や煮込んだスープなど
消化がよいものから食べ始めるのがポイント

生理痛をひどくするコーヒーやチョコも
気にせず食べる!食べる!

ビタミン不足か唇の端が
両方とも切れて痛かったですし
口の中にはよく口内炎ができました。

それでも気にせず夜に食べる!

なんか不健康ですよね、むしろ。

その間変化を感じたのは、
なんだか子宮のあたりがチクチク痛むのです。

内側から針で刺されているような感じ。

断食と併用して楽だったこと

断食する以外の食生活、
睡眠時間は制限なく通常通りにしていましたが、

生理痛がひどいときに
ロキソニンを飲む水も
断食中は飲んではいけなかったため、

薬を飲む以外に
痛みを和らげる方法を探していました。

使ってみてよかったのが、
よもぎ蒸し湯たんぽ!!

痛いときに座っているだけで、
すっごく楽!!!気持ちいいんです!

いつもはロキソニンを
一日2回飲んでいたのが

この湯たんぽしていると
二日に1回で済みました。

チェック
ピルを毎月3000円で買うよりは
よっぽど安くつくので
生理痛で動けない人は今すぐチェック!
→公式サイト “よもぎ蒸し”を自宅で簡単に体験できる湯たんぽ

1か月の断食が終わり、突然チョコレート嚢胞完治!!

ラマダーンが終わり、
婦人科に行った時のこと。

婦人科の先生がおかしな顔をしていました。
なんと、私の腫瘍が消えているのです。
両側にあったのが、どちらとも消滅。

正直、不思議で仕方ないようでした。

 

というのも、卵巣チョコレート嚢胞は
ピルで大きくなるのを止める働きはあっても
消失させることはできないから
です。

 

生理がある女性は
一生お付き合いせねばならないくらい
完全に治し切るというのは難しいのに、

たった1か月断食しただけで
消失してしまったなんて。

嬉しくて飛び上がる勢いでした。

先生に、チクチクした痛みのことを
尋ねてみたところ、

婦人科の先生
嚢腫が小さくなっていく段階で、癒着が引っ張られていったためでしょう。

とのこと。

ラマダーンをして、そしてムスリムになって良かった

ラマダーンをして、
私は飢える人の苦しさが
わかっただけでなく、

健康までも手に入れ、
そして何より、目の前にある状況に
感謝できる心を手に入れました。

ある意味このラマダーン月間は
「修行」につきます。

でも修行を経て、
ひときわ毎日が楽しくなった気がします。

癌も治るという断食、
あなたも試してみませんか。

チェック!
ムスリムって何?
ラマダーンって何?という方は、
「イスラム教徒が行うラマダーンとは?ラマダーンの時のおすすめ食事」
も参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

【自己紹介】 20代看護師。学生時代にベンチャー企業でライターとして働いたのをきっかけに、「自分で自分のサイトを立ち上げたい!」と奮起し情報起業。「看護師という世界パスポートを手に入れた先で見える世界」をテーマに、移住する先々で看護師として働く手段を皆さんにお伝えするブログ。 イスラム教に改宗し国際結婚。アラビア語、英語を使った働き方の模索中。 どうぞよろしくお願いします!